知っておいてください!水素水サーバーの選びかた

悪質な水素サーバーに要注意

水の写真

水素水を取り入れるのには、水素サーバーを使うのがお手軽です。一般的には、サーバーをレンタル、または購入し、水道水をタンクに入れることで水素水にしています。サーバー内に電極が入っており、電気分解をすることで水素を発生させ、水道水が水素水になるという仕組みです。

しかし、これには注意しなければいけない点があります。それは、水が電極に触れているという点です。電極に触れることで、発生した金属イオンも一緒に飲んでいることになるのです。微量であれば、体への影響はないと言われていますが、実際は金属イオンを長期間摂取した場合の調査データはなく、本当のところは分からないのです。体に良い水素水を摂取していても、同時に金属イオンも摂取してしまっていては、少し心配です。

さらに、電極は使い続けることで不純物が付着するようになります。そうすると、水素水を作る能力も低下し、不純物が水に混入することも考えられます。自分でメンテナンスを行うのは非常に難しいため、サーバーの契約をする前にメンテナンスはどうしているのか?ということをしっかりと確認しておくことが必要です。また、壊れるという可能性もゼロではないため、その場合の保証はついているのか?期間の有無などをしっかり把握しておかなければいけません。買い替えが必要となってしまうと、かなりの金額を支払うことになってしまいます。

最も知っておかなければいけないことは、「水素ガスをエサとしているバクテリアがいる」ということです。つまり、水素水には豊富に水素が含まれているため「このバクテリアが増殖しやすいということです。このことを考えてもメンテナンスをしっかりと行う必要があります。バクテリアを摂取するとお腹を壊すこともあり、「健康のために摂取していたはずの水素水で健康を害する」という悪循環に陥ってしまいます。

しかし、実際はこのような注意すべき点をしっかりとユーザーに説明していないメーカーが多いのです。水道水で水素が作れるから、簡単!たくさん使える!ということばかりを全面に押し出し、本当に重要なことについては全く触れていないメーカーも多くいます。このようなメーカーで購入することはお勧めしません。

水素水サーバー選びの鍵は「電極非接触」タイプ」

メンテナンスや管理に全く触れていないメーカーがある一方で、衛生面やメンテナンスに重点を置いているメーカーもあります。このようなメーカーでは、しっかりとユーザーにも気を付けなければいけない点を説明しているのが特徴です。その上で、積極的に問題解決に取り組んでいます。このようなメーカーを見分けるポイントが「電極非接触タイプ」のサーバーを扱っているという点です。水素を発生させる方法は同じですが、電極に接する部分の水が、飲み水になる部分と分けられています。金属イオンの摂取を避けるために行われている工夫です。こういうメーカーはユーザー側のことを常に考えているため、メンテナンスや衛生面でもしっかりとした対応をしています。数年に1度、タンクごと新しいものに交換してくれるところもあります。

水素サーバーを選ぶ際は、水素濃度やコストも非常に大切ですが、同じようにメンテナンスや衛生面などの安全性まで注意して選ぶようにしましょう。

このページの先頭へ