ファイン先生の水素水講座「1.はじめに」

水素水と活性酸素のひみつ

水素水が最近注目されるようになってきたのは、水素の持つ「活性酸素除去」に期待が高まったからです。活性酸素とは、体から出た錆びのようなもので、細胞を死滅、破壊させ体のあらゆる部分に障害をもたらします。高血圧や糖尿病の原因にも関係しているのです。また、活性酸素を除去することがこれらの病気の改善に繋がることも分かっています。

この他、アンチエイジング効果も高いということから美容業界からも注目を集めています。老化防止にもなり、スキンケアだけでなく脳細胞にも影響を与え、認知症の予防にもなると言われています。

水素水のもたらす効果

水素水は、厚生労働省から食品添加物として認められている安全性の高い物質です。様々な効能から、色んな研究が進められており病気の分野でも活躍をみせています。

○老化

活性酸素によって細胞が傷つけられます。脳細胞が傷つけられると、認知症になり、肌細胞が傷つけられるとシミやシワ、くすみの原因となります。

水素水の持つ活性酸素除去作用によって、これらを防止することが可能です。

○高血圧

活性酸素は、血中の脂質と結びつくことで過酸化脂質になります。過酸化脂質は、血管の中に溜まり、血管を塞いで動脈硬化の原因にもなります。血管の内腔が狭くなることから、血流が悪くなり、血圧が上昇します。水素水は、過酸化脂質を作り出す活性酸素を除去することで、高血圧や動脈硬化の予防にもなります。

また、代謝を高めてくれる効果もあることからダイエット効果も期待できます。

○アトピー性皮膚炎、アレルギー

アレルギーの一つであるアトピー性皮膚炎の改善にも水素水は有効です。アレルギーがある人はアレルゲンに対し、過剰に反応してしまいますが、肌のバリア機能が低下していることも一つの原因です。水素水で、肌細胞の破壊をくいとめ、抗炎症作用で本来の肌の機能を取り戻すことが期待できます。

飲むだけでなく、患部に塗ることも効果があると言われています。

水素水の摂り入れ方法

水素水は様々なメーカーからも出ていますが、続けて摂取するということが最も大切です。手軽にとれる方法としては、以下のものがあります。

  • 水素水サーバー
  • 水素スティック
  • パック、ペットボトル
  • 水素サプリ

また、水素水は飲む以外にも様々な使い方があります。

  • 飲む
  • お風呂に入れる
  • 化粧水、パック
  • 患部に塗る

どんな目的で水素水を取り入れるのかによって、水素水の使い方にも注目してみて下さい。

このページの先頭へ