ファイン先生の水素水講座「5.水素水の効果」

水素水に期待できる効果と症状

水素水は、体に害を与えることもなく、赤ちゃんから高齢者、妊婦さんにも安心して勧めることができる水です。この水素水は、病気の予防や改善、老化の予防やスキンケアなどに様々の効果を発揮することで、期待の健康法です。

水素水の効能とは?

水素水を飲むことで期待できる様々な効能を、症状別で紹介します。また、なぜ水素水が効果あるのかということも詳しく紹介していきます。水素と病気、老化の研究も進んでおり、論理的な根拠を元に水素の効能を説明しています。

  • 老化や認知症
  • アトピー性皮膚炎・アレルギー
  • メタボリックシンドローム、肥満症
  • 高血圧
  • 血糖値(糖尿病、糖尿病予備軍)
  • 疲労
  • 神経疾患
  • むくみ
  • 肌荒れ
  • がん
  • 副作用と安全性
  • 愛飲している芸能人

これから、水素水を摂取しようと考えている人は、ぜひ読んでおきましょう。

■水素で二日酔いが改善されるしくみ■

様々な効能のある水素水ですが、お酒を飲み過ぎた次の日に起こる「二日酔い」にも効果があるという口コミが多くあります。その理由は、水素水の持つSOD酵素の増加作用にあります。そもそも二日酔いは、お酒の飲み過ぎにおり肝臓の細胞が弱りアルコール分解がスムーズに行えなくなることが原因です。SOD酵素は、代謝酵素の一つであり、酸化ストレスを取り除く抗酸化酵素とも呼ばれています。つまり、細胞を活性酸素から守ってくれる働きがあるのです。これで、肝臓の水素も守られるために二日酔いに効果があるようです。次の日ではなく、飲み過ぎた日の寝る前に水素水を飲むようにしましょう。

水素水に含まれる水素は、活性酸素の除去だけでなく、このような抗酸化酵素(SOD酵素)の増加を促すことが分かっています。

■水素と肩こりの関係■

水素は、肩こりも改善できると言われています。これは、水素が乳酸の上昇を抑える働きがあることです。肩こりは、同じ姿勢を長時間摂り続けることや、緊張が続くことで血流が悪くなっていることが原因です。筋肉が疲労している状態ですから、運動後に上昇する乳酸は肩こりにも関係している物質です。乳酸の発生を抑えることで肩こりが楽になるというわけです。

筑波大学大学院などの研究からも、激しい運動前に水素水を摂取することで、筋肉疲労を改善できる効果があるということが分かっています。

また、抗炎症効果もあることが分かっており、酷い肩こり痛を軽減させる効果もあります。

このページの先頭へ