5-8.むくみ (デトックス効果)

デトックス効果を利用した水素水のむくみ改善効果

むくみは、疲れや水分の摂りすぎで一時的に出ることもありますが、基本的には体の中に余分な水分、老廃物が溜まってしまっている状態です。これらの老廃物を外に排出することをデトックス(解毒)と言います。断食や半身浴、リンパマッサージなどでデトックス効果が高いと言われていますが、水素水にもデトックス効果があります。

正しく、水素水を摂取することでむくみを解消することができるのです。また、同時に活性酸素の除去を行うことによって、内臓機能も回復することができるため、デトックスには最適な方法です。

体がむくむ原因には以下のようなものがあります。

  • 水分の過剰摂取(寝る前など)
  • 塩分の過剰摂取(漬物など)
  • 腎機能の低下
  • ストレス、疲労

水素水を使ったデトックス方法とは?

水を飲みすぎると、むくむ原因になりますが、正しく摂取すればデトックス効果が得られます。モデルさんや女優さんなど、綺麗な人ほど水を多く摂取しているのです。水素水を使ったデトックスは手軽に行える方法です。デトックスを行う場合、1.5~2Lの水分を摂取するのが良いと言われていますが、医学的には体重で適切な量が決められています。また、水素水の飲み方にもいくつかのポイントがあります。

デトックスを行うのに適切な水分量

1にとの適切な水分量(ml)=体重(㎏)×30

体重が50キロの人であれば、1.5L、60キロの人であれば1.8Lが適量です。

水素水の摂取方法のポイント

  • 起床後にコップ1杯の水素水を飲む
    胃腸の機能が活性化され、デトックス効果が高まります。新陳代謝も高まります。
  • 入浴後に体が温まっている状態で水素水を補給する
    体から出ていってしまった水分を補充します。
  • 一度に大量に飲むのではなく、必要な量をこまめに摂取する

デトックスを行った後は、同時に老廃物を溜めないようにすることも大切です。生活習慣や食生活など、むくみに繋がるような習慣は改善していきましょう。

水素水の摂取が腎臓の負担を減らす

腎臓は老廃物をろ過し、尿として排出する機関です。いわゆる「体のクリーニング」を行ってくれる部分です。老廃物は尿と一緒に排出されるので、水分の摂取量が少ないと尿の量も少なくなり、老廃物が体内に留まる時間が長くなります。そうすると腎臓にかかる負担も大きくなってしまうのです。

水素水を使ったデトックスでは、多くの水分を摂取することで尿量も増え、老廃物を外に排出する機会が増えるので、腎機能の負担を減らすことにも繋がります。

このページの先頭へ