5-9.美肌効果(肌荒れ、シミ、シワ)

水素水の美肌効果

水素水は、美容業界、化粧品業界からも高い支持を集めています。その理由が、水素水の持つ高い抗酸化作用です。人は、外に出ると常に紫外線の影響を受けていますが、紫外線は活性酸素を多く発生させる原因になっています。発生した活性酸素は、肌のハリや潤いを保っているコラーゲン繊維を壊してしまい、シミやくすみの原因になってしまうのです。

そこで水素水の出番です。水素水は活性酸素を除去してくれるため、コラーゲン繊維の破壊を防いでくれます。また、分子が小さく、細胞の隅々まで行きわたるので、より効果が期待できるのです。他にも抗酸化作用を持つ物質は、ビタミンCやリコピンなどがありますが、この中でも最も強い抗酸化作用を持つのが水素水であり、さらに肌に浸透しやすいというのも特徴です。

美容のために水素水を摂取する場合は、1日に約1.5Lを摂取するのが良いと言われています。シミやシワの予防だけでなく、吹き出物やニキビの改善にも効果的です。吹き出物やニキビは体に溜まった老廃物が原因ですが、水素水の持つデトックス(解毒)効果は、肌荒れの改善にも有効です。

美肌を作る水素水の取り入れ方

水素水を飲むだけではなく、直接肌に水素水を塗ることで、より美肌効果を高めることができます。水素分子は非常に小さいため、直接肌に塗っても皮膚から浸透しやすく、直接細胞に働きかけることができるのです。水素水の持つ抗酸化作用は、細胞の新陳代謝も活発にするため、細胞の破壊を予防するだけでなく、ダメージを受けた部分の修復を促進させる働きもあります。その結果、老廃物は排出され、コラーゲンが活性化されるので美肌効果が期待できるということです。

美容業界、化粧品業界は早くに水素水の効果を取り入れており、実際にエステで水素水を使っている施設や、水素が添加されている化粧水なども販売されています。ただし、化粧水の場合は、肌に負担のかかる界面活性剤が使用されているものもあるため、含まれていないものを選ぶようにしましょう。

また、日焼けの後は、すぐに水素水を使ったパックをすることでメラニンの産生を減らすことができるので、美肌だけではなく、美白効果もあります。肌に直接水素水を付ける方法は、パック以外にも、化粧水代わりに使う、乾燥した時の肌の水分補給(スプレータイプの使用)、洗顔を水素水で行うなどがあります。また、お風呂に水素水を入れることで顔だけでなく、全身の美肌にも効果が期待できます。

このページの先頭へ