ファイン先生の水素水講座「6.水素水を取り入れる方法」

水素を取り入れる効果的な方法5つ

水素といっても、取り入れ方は様々です。一般的には、水素水サーバーの利用が広く知られていますが、その他にもいろんなタイプの種類のものがあります。主な方法は以下のようなものがあります。

  1. 水素水サーバー
  2. パック・ペットボトル
  3. 水素水スティック
  4. サプリメント
  5. その他(水素風呂、ミスト等)

目的別水素水の摂取方法

水素水を取り入れる際は、どんな目的で水素水を摂取するのか?ということを明確にしておくことで適切な摂取方法を選ぶことができます。また、費用も大きく変わってくるので、経済面に合わせても摂取方法を選ぶといいでしょう。

水素水サーバー

一度に大量の水素水を作ることが可能なので、日常的に水素水を摂取したい場合にお勧めです。水素サーバーのレンタル・購入をすれば、いつでも自宅で水素水を摂取することができるので、様々な用途に使うことができます。

パック、ペットボトル

スポーツ時の飲料、スポーツ後の疲労回復目的の場合は、パック・ペットボトルが便利です。持ち運びが簡単で、飲む時に開封するため、自宅サーバーを別容器に移して持っていくよりも高い水素濃度を摂取することができます。

水素水スティック

日常的に摂取したいけど、自宅に水素サーバーを置くスペースがない、試しに飲んでみたいという場合にお勧めです。1本のスティックで約6か月使用できるものがあります。

サプリメント

水素水の摂取は1日に約1.5L飲むのが良いと言われています。水を飲むのが苦手という人は、サプリメントを使えば水素を補給することができます。水素を凝縮し、固形化させたものが水素サプリメントです。

その他(水素風呂、ミスト)

水素入りの入浴剤や水素発生器などがあります。美肌効果を目的としている場合は、このようなタイプもお勧めです。また、水素スプレーなどを肌に吹き付ける方法もあります。

水素水の活用法

水素水は常飲水として以外にも様々な使い方があります。お米を炊く時に使う、料理に使うと言ったものの他、野菜の洗浄にも使うことで見えない成分を除去し、料理を美味しくしてくれる効果があります。焼酎やウイスキーの水割りやコーヒーなどを水素水で入れるとまろやかで飲みやすくなるとも言われています。また、洗顔や洗髪に使うことで、内側からだけでなく外側からも水素水の効果を取り入れることが可能です。

このページの先頭へ