7-1.水素水ランキング

手軽に水素水を摂取できる4つの方法を比較

水素水を手軽にとる方法は主に、水素水サーバー、パウチ・ペットボトル、スティック、サプリメントの4つがあります。どの方法にもそれぞれメリットがありますが、トータル的にどの方法がお勧めかということを比較していきます。
比較するポインとは3つです。

  • 水素濃度
  • 酸化還元電位
  • 1年間にかかるトータルコスト

水素水は継続的に摂取することがたいせつなので、1年間にかかるトータルコストは多くの人が気にする部分です。しかし、濃度の高い水素を摂取するということが大切なので、水素濃度や酸化還元電位まで気にして選ぶようにしましょう。ちなみに、酸化還元電位というのは、抗酸化力を数値に表したもので、マナイスになればなるほど抗酸化力は高いと言われています。

1位:水素水パック・ペットボトル

中でもお勧めなのが、テレビCMでおなじみのアルミパウチに入っている「仙寿の水」です。水素が抜けやすい構造になっているため、長期保存も可能です。水素濃度、酸化還元電位ともに高い数値であり、霧島山系天然水を使っていることで、まろやかな口当たりで飲みやすいのが特徴です。口コミでも、癖のない味わい、まろやかさ、効果の実感ともに好評を得ています。

  • 水素水濃度:1200ppb
  • 酸化還元電位:-600mV
  • 1年間のトータルコスト:約262,440円

2位:水素水サーバー

水素水サーバーにもたくさんのメーカーがありますが、中でも「AREGA(アーガ)」がお勧めです。サーバーで作った水素水は水素濃度100%の飽和水素水になり、簡単に水道水から作れるのが特徴です。また、見た目もスタイリッシュになっています。トータルコスト的には費用が少し高めに思いますが、多くお使いになればなるほど格安になっています。口コミでは、家族で使用している人が多く、疲れにくくなった、肩こりの解消、肌荒れ改善などで高い評価を得ています。愛犬の飲み水としても使用されています。

  • 水素水濃度:1600ppb
  • 酸化還元電位:-600mV
  • 1年間のトータルコスト:約160,000円

3位:水素スティック

場所をとらずに手軽に水素水を作れるのがスティックです。中でも「ドクター水素水」はトータルコストを安く抑えることができ、1本のスティックで約6か月間使用可能です。ただし、使用期間に伴って、スティックから発生される水素濃度は落ちていくため、安定した水素濃度や酸化還元電位を保つことは難しいと言えます。

  • 水素水濃度:不安定
  • 酸化還元電位:不安定
  • 1年間のトータルコスト:約18,900円

4位:水素サプリメント

水分の摂取が苦手な人にはお勧めです、「おはよう水素」は、摂取することで体内の水素と反応して水素を持続的に発生させます。ただ、水素濃度は水素水を摂取した時の約1万1000分の1とも言われており、高い水素濃度を摂取したい人には不向きです。

  • 水素水濃度:0.3~0.5ppb相当
  • 酸化還元電位:-200mV
  • 1年間のトータルコスト:約172,800円

このページの先頭へ